teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/120 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2015年 1月 4日(日)15時18分49秒 s957096.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
  通報 返信・引用
  国生み神話の中でイザナギとイザナミの二柱の神が天沼矛を海中?に指し下ろして
潮をコオロコオロと掻き回す云々。
潮をコオロコオロとは、正に藻塩製塩に於いて
素焼きの塩焼壺の中で海水が加熱され水分蒸発が進んだ最終段階で
壺中の塩が弾け同様の音を発する事が以前に淡路島の郷土史家ほかによる実証実験で確認されています。

一方で、上位の者(神)から平定命令を承って大将軍にイザナギが任じられた。
その軍事統帥権(の委任)と命令の証(摂)が天沼矛(某かの武器)と言うことを表しています。

これに付いては(神代から現代に至る迄)世界中で同じ事が行われています。(刀剣(刃物全般)、弓、矢、槍、旗、ほか武器武具)
イザナギを征討平定軍の大将軍。イザナミをその副将と考える方が良いかも知れません。(男女としない)
事が終われば、上位者にイザナギは復命すると共に軍権の象徴である天沼矛は返却せねばなりません。(日本書記には日少宮に昇って復命(カエリゴト)をしたとか?)

もし、事が成就せず一敗地にまみれ形勢与せず野に倒れ死亡するような事態になると、
敵に軍旗、摂(軍権の証)が渡らない様に家臣(臣下)に託し安全な場所へ逃避(~本営に帰還)させるのが常?

中世、この有り様になってしまったのが楠木正成公。
湊川の合戦で時勢与せず四面楚歌となって自尽の砌。
後醍醐天皇から承った摂刀(菊一文字(現在、国重要美術品(準国宝)))と守護神で自念仏で有った八幡大菩薩を家臣某らに託し逃避させた。(~淡路島に至り隠棲。後に楠木村と呼ばれ、更に(淡路市)楠本となる)
楠木正成党は多分、葛木(高尾張)族なのでしょう(葛木カツラキ→クズのキ→クスノキ)
氏神が金剛山(高天山)系の建水分神社と
美具久留御魂神社(出雲大神荒魂/大国主神。出雲の大神宮に代わり出雲族の神宝を宝蔵。崇神天皇に所以)。、、、久留麻(久留真、車、久留米、来馬、、、クルマ)神=出雲大神荒魂/大国主神
いわゆる出雲の神々。
出雲大神荒魂はあまりにも畏怖すべき神である為ヤマト朝廷側に接収、横領されて天照大神荒魂に変神?
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/120 《前のページ | 次のページ》
/120