teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:18/83 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

世界の命=広島の心

 投稿者:岩田英憲  投稿日:2012年 8月 5日(日)20時52分47秒
  通報 返信・引用
  広島で、海と島の博覧会が、1989年7月8日~10月24日までの、約4ケ月間、行なわれる事になり、その事で、その前年だったと思いますが、広島市は、その参加者を募集していました。それで僕は、海島博の事務局に行き、たくさんの日程調整の中で、どうしても、8月6日に、メイン会場で、演奏させてもらうたくて、担当者に強くその日をお願いしました。そして運良く、その日の約束を、取り付けました。(その日は、原爆記念日だったからです)。その後、すぐに、
その当時、病院に入院しておられた山根さんの所に、直行して、8月6日に演奏することになった報告をしました。
山根さんのアイデアを、聞きたかったのです・・・
コンサートの内容のことを、話し、そこで、マンドリンを弾かれている桧垣さんから、藤掛廣幸さんを紹介してもらい、共演者として、桧垣さんと、藤掛さんの家まで、お願いに行きました。快く引き受けて下さり、シンセサイザーの演奏だけでなく、作曲も、して下さいました。
山根さんから、桧垣さん、山口さん、大上さん、天田さん、松浦さん。内海さん、伊藤さんと、主要な方々の、アドバイスで、原田東眠さんの詩に藤掛さんに作曲してもらってコンサートの最後に、広島合唱同好会の合唱団に、歌ってもらおうと、いう企画が、進みました。8月6日に有意義な演奏会が、みんなの、底力と支えによって、出来ましたことを、心から感謝しています。僕も、そこで、パンフルートが吹けた事を幸せに思いました。いつの年かの8月6日に、式典の中で、初演の時のような合唱・演奏が、取り上げられることを、願っています・・・!
 
 
》記事一覧表示

新着順:18/83 《前のページ | 次のページ》
/83