teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


吹き替え8

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 8月13日(日)08時07分3秒
返信・引用
  サウンドBGM(9)
 
 

吹き替え7

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 8月13日(日)08時04分11秒
返信・引用
  2016年4月9日(土曜日) ~ 2017年8月12日(土曜日)

フジツボボーイ (Barnacle Boy)
声:小木曽裕子(シーズン1 - 3)→奥田啓人(シーズン4以降)/ティム・コンウェイ、バート・ウォード(幼少期)
マーメイドマンの相棒で、初めは追っかけ少年だった。一人称は「俺」。57歳。マーメイドマンと比べるとしっかりした常識人だが、イカルドと顔や体の関係による喧嘩をする場合も一度あった。少し気難しい面がある。年齢的にはマーメイドマンよりも少し下というところだが、後者はボーイと呼ばれるのが嫌で、『フジツボ・ボーイの逆襲』の回では「フジツボ・マン」と名乗り、悪人になった時期があったが、最後は仲直りし、正義の味方に戻った。本名は「カイル (Kyle)」。若い頃はボーイという名前のとおり少年のような見た目だった。

カール (Carl)
声:松浦チエ/CH・グリーンブラット
『レストラン・オーマンデーズ』から登場したレストラン・オーマンデーズの雇われ店長。ゴミをカーニバーガーに加工していたことがカーニにばれ、怒り狂った彼に店を破壊される。

デイビー・ジョーンズ (Davy Jones)
声:加藤亮夫/演:同じ(デイビー・ジョーンズ)
『スポンジ・ボブとビーーッグウェ~ブ』のみ登場。登場時62歳。水の中に登場する人間であり、さまよえるオランダ人に向かって悪臭な靴下を投げることが特技である。靴下を投げた後は、デイドリームという曲が使用された。なお、ジョーンズは4年後は死去している。
 

吹き替え6

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 8月 3日(木)00時26分17秒
返信・引用
  ; マン・レイ (Man Ray)
: 声:納谷六朗(シーズン1 - 8)、奥田啓人(フジツボマンの回のみ)→上田燿司(シーズン9以降)/[[ジョン・リス=デイヴィス]]、ボブ・ジョレス
: 『留守電ヒーロー大活躍!』から登場したマーメイドマンとフジツボボーイシリーズに出てくる人型の敵キャラクター。赤い服に青い仮面をかぶった大男の姿をしているが、仮面の下は[[がらんどう]]。一度、タイムマシンで歴史が変わった際はビキニタウンの支配者になっていた。プランクトンと手を組んで、カニカーニを支配しようとしたが、カーニバーガーのあまりのうまさに感激し、太るまで食べてしまい結局逮捕された(その後、カーニバーガーの代金はプランクトンが払うことになった)。
; ダーティ・バブル (Dirty Bubble)
: 声:納谷六朗(シーズン1 - 8)→奥田啓人(シーズン9以降)/チャールズ・ネルソン・ライリー、トム・ケニー
: 『マーメイドマンとフジツボボーイII』から登場したマーメイドマンとフジツボボーイシリーズに出てくる風船型の敵キャラクター。体に建物や人を包み込んで浮遊することが可能。風船なので鉛筆などの尖ったものが苦手。バドルボールのチャンピオンでもある。『パトリックマンは正義の味方?』では、お婆さんに変装したことがあった。シーズン9からの声は奥田の声を低音に加工しているため、前シーズンまでとはかなり異なる印象になっている。
; ミスター・スクエアパンツ (Mr. SquarePants)
: 日本国外の名称では'''「ハロルド・スクエアパンツ (Harold SquarePants)」'''と表記される。
: 声:鶴博幸→松野太紀、谷育子、納谷六朗、奥田啓人/トム・ケニー
: 『ああ いとしのパイナップル』から登場したスポンジ・ボブの父親でミセスの夫。髭と眼鏡が特徴。実の子だとするスポンジ・ボブが大人になっても、妻であるミセスと一緒に過ごしている。スボンは次男譲りである。顔は完全にジャガイモ型であるが、れきっとした海綿動物である。家族は父と母と弟と甥がいる。日本の声優では5人が演じているが、原語版ではトム・ケニーのみとする。
; ミセス・スクエアパンツ (Mrs. SquarePants)
: 日本国外の名称では'''「マーガレット・スクエアパンツ (Margret SquarePants)」'''と表記される。
: 声:谷育子、小木曽裕子→松浦チエ/シレーナ・アーウィン
:『ああ いとしのパイナップル』から登場したスポンジ・ボブの母親でミスターの妻。夫のミスターと一緒に過ごしている。顔は次男譲りである。旧姓はバブルボトム。夫より2歳年下。
; パーチ・パーキンス (Perch Perkins)
: 声:奥田啓人/ミスター・ローレンス、ディー・ブラッドリー・ベイカー
: 『破れたパンツ』から登場したビキニタウンのニュースリポーター。基本的の容姿は、ボディは約3種類でボディの色は紫色と橙色の2色が見られる人型の魚である。TVシリーズでは基本的にボディの色は2色、劇場版でのボディの色は紫色。
; 海賊ペインティー (Painty the Pirate)
: 声:奥田啓人/演:パトリック・ペインティー
: テーマソングを歌う海賊。アニメキャラクターではなく実写として登場している。『スポンジ・ボブとアトランティス、行きたいんデス』や、『スポンジ・ボブvsバーガーガジェット』では、お話を語っていた。稀にエピソードの中で登場することもある。
; 海賊パッチー (Patchy the Pirate)
: 声:納谷六朗/演:トム・ケニー
: 『クリスマスってだれ?』や『オバケ船員』の実写パートの主役。アニメキャラクターではなく実写として登場している。在住地は[[アメリカ合衆国]]。スポンジ・ボブファンクラブ会長だという。読者のファンレターを読んだりする。ポッティーに文句を言われたり、大砲で撃たれたりなどしばしば被害にあっている。片手は[[義手]]。
; ポッティー (Potty the Parrot)
: 声:奥田啓人/演:ステファン・ヒーレンバーグ
: パッチーの海賊仲間である[[オウム]]型の[[縫いぐるみ]]。アニメキャラクターではなく実写として登場している。『クリスマスってだれ?』のとき、パッチーに糸を引っ張られ、操演スタッフが落ちたことがある。原語版の声は原案者が演じている。
; [[サンタクロース]] (Santa Claus)
: 声:納谷六朗/マイク・ベル(シーズン2)、[[ジョン・グッドマン]](シーズン8)
: 『クリスマスってだれ?』から『スポンジ・ボブのクリスマス』まで登場したサンタクロースのおじさん。アニメキャラクターではなく実写として登場している。
; [[トム・ケニー]] (Tom Kenny)
: 原語版のスポンジ・ボブの声を担当する声優本人。実写キャラクターの一つ。『ネプチューン王のへら』でネプチューン王にスポンジ・ボブとの勝負に勝った時の景品を見せようとした時、誤ってケニーのシャワーをしているシーンを見せられた。また、『風邪ひきスポンジ・ボブ』では風邪をひいたスポンジ・ボブを治療するときにシャワーをしているケニーの背中を洗うシーンにも出演していた。ケニーは他にも、ゲイリーや本作のナレーター、クラゲなどの声も当てている。
; ハンス (Hans)
: 声:トム・ケニー
: シーズン1からシーズン3まで登場し、『風邪ひきスポンジ・ボブ』等で登場した謎の人間の手である。アニメキャラクターではなく実写として登場している。風邪をひいたスポンジ・ボブを治療するときにシャワーをしているケニーの背中を洗ったり、自動車をスポンジで綺麗にしたり、皿を洗ったりする場面などにも出演していた。他にも登場しており、『ニセ カーニさん』では、カーニを食べようとする出演も演じている。オープニングにも少しだけ登場している。
; シャボンくん (Bubble Buddy)
: 声:小木曽裕子(シーズン2)、奥田啓人(シーズン8以降)/ディー・ブラッドリー・ベイカー
: 『シャボンくんはお友達』から登場し、リーフ・エリクソンデー(架空の祝日)に遊び友達を作ろうとして膨らませたシャボン玉が変身した。喋ったり、動いたりできる人型のシャボン玉だが、最初は喋ったり、動いたりはしてなかった。イカルドが針でシャボンくんを割ろうとした際に動いて喋った。実はスポンジ・ボブの前々からの友人だった。彼曰く「ハジけた奴」とのこと。
: 『やんちゃなシャボンくん』では長男のシャイニーが登場した。
 

吹き替え5

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 7月27日(木)01時44分43秒
返信・引用
  サウンドBGM(8)
 

吹き替え4

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 7月23日(日)23時42分13秒
返信・引用
  2017年4月14日(金曜日) ~ 2017年7月23日(日曜日)

ニコラス・ウィザース (Nicholas Withers)
声:奥田啓人/アルトン・ブラウン、トム・ケニー
『お宅拝見!』から登場。お宅拝見のレポーターであり、最初はイカリムの家をCMに出そうとしたが、最後はイカルドの家をCMに出そうとした。

ネマトーダ (Nematodes)
声:谷育子/トム・ケニー、ディー・ブラッドリー・ベイカー
『ああ いとしのパイナップル』から登場した海に住む100匹の線虫で、夜中に現れて何でも食べてしまう悪虫。海底の岩やボートカーをよく食べるが、最後は喉が渇いて、スポンジ・ボブとゲイリーが寝ていた時にパイナップルの家まで飲み込んでしまった。飲み込んだ後、スポンジ・ボブとゲイリーに見つかった時点で逃走する。

モンティ・P・カネモチ (Monty P. Moneybags)
声:奥田啓人/ディー・ブラッドリー・ベイカー
『これがゲイジュツ』から登場した有名なアート・コレクター。最初は、イカルドの作品(イカルドが描いた汚い絵など)に違和感を持っていたが、スポンジ・ボブが作った銅像をコレクションに相応しいと思った。イカルドは「自分が作った」と嘘をつくが、途中で壊してしまう。それに悪化したイカルドが適当に銅像を作った。モンティは「あれは誰の作品なんだね?」と尋ねるが、イカルドは「あれはわしのではなく、彼の作品です」と「Kingdom Coming」の口笛を吹く掃除係に帽子を被せて、帰ってしまう。しかし、モンティが見た作品はスポンジ・ボブのよりも素晴らしい作品だった。
 

吹き替え3

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 7月10日(月)00時08分33秒
返信・引用
  スポンジ・ボブによる投稿
 

吹き替え2

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 7月10日(月)00時03分33秒
返信・引用
  時々ワードの記事
 

吹き替え1

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 7月10日(月)00時01分22秒
返信・引用
  Microsoft Excel
 

保護依頼×編集合戦

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 7月 9日(日)21時40分20秒
返信・引用
  スポンジ・ボブ - Wikipedia (編集)

==== リアクション ====
; [[炎]]
: 海の中だが、炎を纏うことがある。スポンジ・ボブの家やビキニタウンなどで[[火災]]や[[火事]]が起こることも時々ある。劇場版1ではネプチューン王がカーニを[[火刑|火やぶり]]にしようとしていた場合も出てくる。
; [[水]]
: 海の中だが、[[飲料水|飲み水]]や[[シャワー]]の水などが存在する。もしくは[[水道水]]とも言われる。
; [[海藻]]
: 海の[[植物]]。[[雑草]](地上版で言うと)の代わりに生えているもの。劇場版1では、ネプチューン王の長女・ミンディがスポンジ・ボブとパトリックの口の周りにつけ、[[髭]]の代わりにしようとしていた。
; [[雷雨]]
: 海の中だが、[[電気]]を纏い、時々[[雷]]が鳴り響いたり、[[雨]]が降ったりする。[[天気]]の一つ。雨が降ることはほとんどないが、『原始のスポンジ・ボブ』と『スポンジ・ボブとビーーッグウェ~ブ』では雨が降り始めた。[[冬]]になると雨の代わりに[[雪]]が降ってくる。
; [[冷凍]]
: 『風邪ひきスポンジ・ボブ』と『アイス・カーニバーガー』など、海の中だが、凍ったものが存在する(水がなくてもカチンコチンに凍らせることはできる)。[[温度]]を上げるとただの水になり、温度を下げると通常の[[氷]]へ戻っていく。劇場版1ではネプチューン王がカーニの体をカチンコチンに凍らせた。
; [[ジャンル]]
: 主なジャンルは、[[家族]]や他の[[作品]]などが使われている新リアクションのこと。日本語版の表記ではこんな風に省略している。
:; [[劇場版]]
:: 長期映画のこと。本来では、『[[スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー]]』を劇場版1、『[[スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!]]』を劇場版2と省略している。
:; [[親族|親戚]]
:: 血縁関係であること。[[先祖]]や[[従兄弟]]等では、父方側と母方側(多くの表記では父方側)と見分ける。
::; 改作編の親戚
::: 改作編の親戚とは、基本的にはその他の登場人物だが、メインキャラクター(スポンジ・ボブ、カーニ及びパール、イカルド、パトリック及びゲイリー、サンディ)とは血が繋がっている。例えば、スポンジ・ボブは[[両親]]と[[祖父母]]と[[叔父]]と従兄弟がいる。ただし、シーズン7後期ではパトリックの姉が新しく登場し、シーズン9ではサンディの従兄弟が新しく登場していた。詳しくは[[スポンジ・ボブのエピソード一覧#改作編|スポンジ・ボブたちの家族]]を参照。
::; 原作編の親族
::: 原作編の親戚とは、一度しか登場しない親戚のこと。例えば、改作編の親族は各エピソードで再発して登場するものだが、原作編の親族は会話、写真、家系図、海外版の絵本のみしか登場していない。詳しくは[[スポンジ・ボブのエピソード一覧#原作編|原作オリジナルキャラクター]]を参照。
::: 又、存命しているキャラクターはカーニの甥とイカルドの弟とサンディの下の弟の3名だけ。他は写真のみしか登場せず、全て[[故人]]となっている。
::; 歴史編の親族
::: 歴史編の親戚とは、『タイムマシーン』、『原始のスポンジ・ボブ』、『ドラゴン対スポンジ騎士』、『西部のならず者』などのキャラクターのこと。または[[先祖]]や[[子孫]]とも言う。『ドラゴン対スポンジ騎士』と『西部のならず者』では、本人と同様の性格をしているが、名前が異なる。例えば、カーニがカーニ王、スポンジ・ボブがスポンジ・バッグだったりする。詳しくは[[スポンジ・ボブのエピソード一覧#歴史編|歴史オリジナルキャラクター]]を参照。
::; [[両親]]
::: 親戚の一つ。[[父親]]と[[母親]]のこと。スポンジ・ボブとパトリックの2名は父親と母親が存在する。カーニとイカルドの父親は亡くなった為、母親のみが存在する。
::; [[長男]]と[[長女]]
::: 親戚の一つ。[[息子]]と[[娘]]のこと。日本語版専用。パールはカーニの長女とされているが種別が全然違う。一度だけ次男(長男の弟)も存在する。
::; [[兄弟]]・[[姉弟]]
::: 親戚の一つ。[[兄弟姉妹]]関係にあたるものだが、本作の女性は長女のみで、作中では「[[妹]]」のキャラクターが一度も登場してない<ref>しかし、ミス・グリススルプスは五つ子姉妹だと発見された。劇場版2では、[[ハワイ]]に住んでいる男の子の妹が登場し、男の子が「侵入者だ!」「今すぐ妹のお城から出てけ!」と言ったことがある。</ref>。ただし、スポンジ・ボブ達はそもそも[[一人っ子]]的な存在だったが、『いとこのスタンリー』では小柄な男とする親族が新登場した。スポンジ・ボブは実の兄弟ではなく父方の従兄弟のみだが、パトリックはシーズン7の後期に血の繋がった姉が登場した。
::: 「[[弟]]」のキャラクターについては、スポンジ・ボブの父親、パトリックの父親、イカルド、プランクトン、サンディといった5名は弟がいる。ただし、原語版では「弟」と名乗る時期が発生しないが、「叔父(父親の弟)」と名乗る時期には時々あった。海外版の絵本ではスポンジ・ボブ、アニメシリーズのシーズン7後期ではパトリックが弟にあたるキャラクターになった話もあった。
::; [[いとこ]]
::: 親戚の一つ。スポンジ・ボブ、プランクトン、サンディといった3名はいとこがいる。シーズン5ではスポンジ・ボブ、シーズン9ではサンディの従兄弟が新しく登場した。そしてパトリックのいとこは、スポンジ・ボブのペットのゲイリーがパトリックのいとこになっていた。多くでは、父の弟の子だとする。"従兄弟"とも省略する。
:; [[実写]]
:: [[イラスト]]や[[ゲーム]]や[[アニメ]]等ではなく、人間界とする地球の世界のこと。特に[[ドラマ]]や[[バラエティー]]式のような存在だとみられる。作中にも登場しており、このシリーズでは[[スポンジ・ボブのエピソード一覧#実写キャラクター|実写キャラクター]]が存在する。時々海の中でも登場している。オープニングで登場した魚なども含まれている。
::; [[人間]]
::: 実写の一つであり、スポンジ・ボブたちから見ると[[巨人]]的な存在。人間以外にも[[鉛筆]]などもさらに巨大化している。
::; 陸の生き物
::: 実写の一つで、[[哺乳類]]や[[鳥類]]、そして[[昆虫]]などが存在する。サンディのツリードームにいた[[チョウチョ|蝶々]]は実写で写っていた。
; [[四季]]
: [[日本国]]と同様、作中にも[[春夏秋冬]]といった[[季節]]がある。ただし、「[[秋]]」という季節は一度も存在しなかった。「冬」はクリスマスのエピソードで登場する。
; [[虫]]や[[獣|獣類]]
: 海の中だが、犬型[[ペット]](イヌ科ミミズ)系の生き物や巨大のモンスターなどが存在する。ネマトーダと海のクマなど。
; [[爆発]]
: 炎と同様。海の中だが、爆発を纏うことがある。『死因はパイ!?』などで、作中の中では爆発が起こる時期も多かった。時々、実写版も存在する。
 

保護依頼×編集合戦

 投稿者:チリソースバーガー  投稿日:2017年 7月 9日(日)21時36分39秒
返信・引用
  スポンジ・ボブ - Wikipedia (閲覧)

リアクション[編集]

海の中だが、炎を纏うことがある。スポンジ・ボブの家やビキニタウンなどで火災や火事が起こることも時々ある。劇場版1ではネプチューン王がカーニを火やぶりにしようとしていた場合も出てくる。

海の中だが、飲み水やシャワーの水などが存在する。もしくは水道水とも言われる。
海藻
海の植物。雑草(地上版で言うと)の代わりに生えているもの。劇場版1では、ネプチューン王の長女・ミンディがスポンジ・ボブとパトリックの口の周りにつけ、髭の代わりにしようとしていた。
雷雨
海の中だが、電気を纏い、時々雷が鳴り響いたり、雨が降ったりする。天気の一つ。雨が降ることはほとんどないが、『原始のスポンジ・ボブ』と『スポンジ・ボブとビーーッグウェ~ブ』では雨が降り始めた。冬になると雨の代わりに雪が降ってくる。
冷凍
『風邪ひきスポンジ・ボブ』と『アイス・カーニバーガー』など、海の中だが、凍ったものが存在する(水がなくてもカチンコチンに凍らせることはできる)。温度を上げるとただの水になり、温度を下げると通常の氷へ戻っていく。劇場版1ではネプチューン王がカーニの体をカチンコチンに凍らせた。
ジャンル
主なジャンルは、家族や他の作品などが使われている新リアクションのこと。日本語版の表記ではこんな風に省略している。
劇場版
長期映画のこと。本来では、『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー』を劇場版1、『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』を劇場版2と省略している。
親戚
血縁関係であること。先祖や従兄弟等では、父方側と母方側(多くの表記では父方側)と見分ける。
改作編の親戚
改作編の親戚とは、基本的にはその他の登場人物だが、メインキャラクター(スポンジ・ボブ、カーニ及びパール、イカルド、パトリック及びゲイリー、サンディ)とは血が繋がっている。例えば、スポンジ・ボブは両親と祖父母と叔父と従兄弟がいる。ただし、シーズン7後期ではパトリックの姉が新しく登場し、シーズン9ではサンディの従兄弟が新しく登場していた。詳しくはスポンジ・ボブたちの家族を参照。
原作編の親族
原作編の親戚とは、一度しか登場しない親戚のこと。例えば、改作編の親族は各エピソードで再発して登場するものだが、原作編の親族は会話、写真、家系図、海外版の絵本のみしか登場していない。詳しくは原作オリジナルキャラクターを参照。
又、存命しているキャラクターはカーニの甥とイカルドの弟とサンディの下の弟の3名だけ。他は写真のみしか登場せず、全て故人となっている。
歴史編の親族
歴史編の親戚とは、『タイムマシーン』、『原始のスポンジ・ボブ』、『ドラゴン対スポンジ騎士』、『西部のならず者』などのキャラクターのこと。または先祖や子孫とも言う。『ドラゴン対スポンジ騎士』と『西部のならず者』では、本人と同様の性格をしているが、名前が異なる。例えば、カーニがカーニ王、スポンジ・ボブがスポンジ・バッグだったりする。詳しくは歴史オリジナルキャラクターを参照。
両親
親戚の一つ。父親と母親のこと。スポンジ・ボブとパトリックの2名は父親と母親が存在する。カーニとイカルドの父親は亡くなった為、母親のみが存在する。
長男と長女
親戚の一つ。息子と娘のこと。日本語版専用。パールはカーニの長女とされているが種別が全然違う。一度だけ次男(長男の弟)も存在する。
兄弟・姉弟
親戚の一つ。兄弟姉妹関係にあたるものだが、本作の女性は長女のみで、作中では「妹」のキャラクターが一度も登場してない[27]。ただし、スポンジ・ボブ達はそもそも一人っ子的な存在だったが、『いとこのスタンリー』では小柄な男とする親族が新登場した。スポンジ・ボブは実の兄弟ではなく父方の従兄弟のみだが、パトリックはシーズン7の後期に血の繋がった姉が登場した。
「弟」のキャラクターについては、スポンジ・ボブの父親、パトリックの父親、イカルド、プランクトン、サンディといった5名は弟がいる。ただし、原語版では「弟」と名乗る時期が発生しないが、「叔父(父親の弟)」と名乗る時期には時々あった。海外版の絵本ではスポンジ・ボブ、アニメシリーズのシーズン7後期ではパトリックが弟にあたるキャラクターになった話もあった。
いとこ
親戚の一つ。スポンジ・ボブ、プランクトン、サンディといった3名はいとこがいる。シーズン5ではスポンジ・ボブ、シーズン9ではサンディの従兄弟が新しく登場した。そしてパトリックのいとこは、スポンジ・ボブのペットのゲイリーがパトリックのいとこになっていた。多くでは、父の弟の子だとする。"従兄弟"とも省略する。
実写
イラストやゲームやアニメ等ではなく、人間界とする地球の世界のこと。特にドラマやバラエティー式のような存在だとみられる。作中にも登場しており、このシリーズでは実写キャラクターが存在する。時々海の中でも登場している。オープニングで登場した魚なども含まれている。
人間
実写の一つであり、スポンジ・ボブたちから見ると巨人的な存在。人間以外にも鉛筆などもさらに巨大化している。
陸の生き物
実写の一つで、哺乳類や鳥類、そして昆虫などが存在する。サンディのツリードームにいた蝶々は実写で写っていた。
四季
日本国と同様、作中にも春夏秋冬といった季節がある。ただし、「秋」という季節は一度も存在しなかった。「冬」はクリスマスのエピソードで登場する。
虫や獣類
海の中だが、犬型ペット(イヌ科ミミズ)系の生き物や巨大のモンスターなどが存在する。ネマトーダと海のクマなど。
爆発
炎と同様。海の中だが、爆発を纏うことがある。『死因はパイ!?』などで、作中の中では爆発が起こる時期も多かった。時々、実写版も存在する。
 

レンタル掲示板
/7