teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パチンコ店(0)
  2. ネックレス(0)
  3. 地震ってどう?本当なの?(0)
  4. 高級ブランドのスニーカー(0)
  5. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


修論123

 投稿者:ワンツカパン  投稿日:2012年 6月 5日(火)12時51分7秒
返信・引用
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~社会学論文~


こちらのブログで以前研究していた知り合いから許可を頂いた
修論を発表したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


労働者自身が自己を管理できるということは決して悪いことではない。しかし、職場において労働者は弱い存在なのである。弱い存在はしっかりと守っていくことが必要なのではないか。労働者の賃金は拘束労働時間を基準に最低限保障するべきである。裁量労働制自体はとても素晴らしいものであると思う。ただ、ここで言いたいことは、裁量労働制と銘打った「成果主義」に偏ってしまうことだけは避けてほしいということである。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読んで頂きありがとうございます!!


社会学に少し興味を持ってもらえましたでしょうか????


現代時事とセットで勉強するとためになります!
参考にしてみて下さい。



では^^

http://satei.hara-e.com/

 
 

修論122

 投稿者:ワンツカパン  投稿日:2012年 6月 5日(火)12時48分52秒
返信・引用
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~社会学論文~


こちらのブログで以前研究していた知り合いから許可を頂いた
修論を発表したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




これは四章のIT化の部分で述べたことであるが、労働者自身の特殊技能が高まるような労働が増えてきたことによって、使用者が労働者を管理するよりは、労働者に任せてしまった方が効率がいいということである。一見これは良いことに思えるかもしれないが、それは良い面を見ているだけにすぎないのである。そもそも労働者が自分の労働時間を管理できるというのは当然のことなのである。しかし、この裁量労働制にすることによって、労働時間という賃金算定基準を除外し、働いた実績で賃金を払っているいわゆる「成果主義」に他ならないのである。成果主義を導入すれば、そこには競争が生まれ、労働者同士が競争するような事態が生じるであろう。そうしたら結果として労働者は自ら働きすぎてしまうのである


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読んで頂きありがとうございます!!


社会学に少し興味を持ってもらえましたでしょうか????


現代時事とセットで勉強するとためになります!
参考にしてみて下さい。



では^^

http://satei.hara-e.com/

 

修論121

 投稿者:ワンツカパン  投稿日:2012年 6月 5日(火)12時47分37秒
返信・引用
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~社会学論文~


こちらのブログで以前研究していた知り合いから許可を頂いた
修論を発表したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



最後に裁量労働制の弊害を指摘したい。裁量労働制とは業務の遂行方法や労働時間の配分を労働者にゆだねる労働時間管理の仕組みである(佐藤,2004)。裁量労働制では実際に働いた労働時間ではなく、事前に定められた時間数(みなし労働時間数)を労働したとみなす仕組みである。裁量労働制が推し量られてきた背景には、労働者の業務遂行上の裁量度が高く、労働者自身に業務遂行と時間配分を任せる方が生産性や創造性が向上するだけでなく、労働者自身の勤労意欲が高まる業務が増えてきたことにある。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読んで頂きありがとうございます!!


社会学に少し興味を持ってもらえましたでしょうか????


現代時事とセットで勉強するとためになります!
参考にしてみて下さい。



では^^

http://satei.hara-e.com/

 

修論120

 投稿者:ワンツカパン  投稿日:2012年 6月 5日(火)12時46分34秒
返信・引用
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~社会学論文~


こちらのブログで以前研究していた知り合いから許可を頂いた
修論を発表したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


業務が過重かどうかの判断(難易度の判断)や、本人の性格、職場環境といったものは行政の判断基準には含まれておらず、司法の場に丸投げ状態なのが現状であろう。裁判を起こさなければ労災が認定されないような状況は異常である。もっと明確な判断基準を作らなければならない。簡単な話だが、「働いて死んだ」のならそれは業務上災害であり過労死なのである。そのような簡単なことが現状ではなかなか認められていないことには憤りを感じえない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読んで頂きありがとうございます!!


社会学に少し興味を持ってもらえましたでしょうか????


現代時事とセットで勉強するとためになります!
参考にしてみて下さい。



では^^

http://satei.hara-e.com/

 

原不動産

 投稿者:ワンツカパン  投稿日:2012年 6月 5日(火)12時45分33秒
返信・引用
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~社会学論文~


こちらのブログで以前研究していた知り合いから許可を頂いた
修論を発表したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


次に過労死の認定に対する行政の判断基準について提言したい。行政は2001年12月12日の通達(基発1063号)で、過労死の三つの判断基準をあげている。一つ目が「発症直前から前日までの間に発生状態を時間的及び場所的に明確にしうる異常な出来事に遭遇したこと」である。二つ目が「発症に近接した時期において特に過重な業務に就労したこと」である。三つ目が「発症前の長期間にわたって著しい疲労の蓄積をもたらす特に過重な業務に就労したこと」である。以上の三つのいずれかによる過重負荷を受けたことにより発症した場合に、業務上疾病として労災補償の対象となるという立場をとっている。一章で触れたことであるが、過労死は累積疲労の結果起こるものである。疲労というのは辛い肉体労働を行った時にのみ生じるものではなく、職場での人間関係や業務の遂行難度、就労とは関係のないところによる精神的ストレスなどが複雑に絡み合って、それが累積することにより過労状態となるのである。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読んで頂きありがとうございます!!


社会学に少し興味を持ってもらえましたでしょうか????


現代時事とセットで勉強するとためになります!
参考にしてみて下さい。



では^^

http://satei.hara-e.com/

 

掲示板が完成しましたキラキラ

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2012年 6月 4日(月)19時12分11秒
返信・引用
  ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤお絵描き機能付きえんぴつ
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。
 

レンタル掲示板
/1