teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


本日ご紹介する新譜アルバム

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年 1月17日(水)16時27分4秒
  新譜を聴くイベント48回『NEW ARRIVALS』
ユニバーサルジャズ×ディスクユニオン合同主宰新譜リスニング・セッション

ユニバーサルジャズとディスクユニオンがタッグを組んで送る新譜試聴会。入荷直後の輸入盤やリリース前の音源など、両社が自信を持ってオススメする新譜を「いーぐる」のオーディオ装置でご紹介。ご紹介するCDはその場でお買い求めいただけます。チャージなし・飲食料金のみですので、お気軽にご参加ください。

今月はユニバーサルから話題の新譜とディスクユニオンから新作ピアノトリオの推薦盤をご紹介いたします。


日時:1月17日(水)【20:00~22:00 チャージなし】
場所:ジャズ喫茶 いーぐる
東京都新宿四谷1-8 TEL 03-3357-9857
http://www.jazz-eagle.com/


試聴DISC

<universal music>
NORAH JONES / First Session
JAMISON ROSS / All For One
CHRIS DAVE AND THE DRUMHEDZ / Chris Dave And The Drumhedz
GO GO PENGUIN / A Humdrum Star
HAKUEI KIM / Resonance

<diskunion>
AMP TRIO / Three
LAURENT COQ / Kinship
LAURENCE HOBGOOD / Honor Thy Fathers
GREGORY PRIVAT / Family Tree
STEEL HOUSE / Steel House
 
 

新譜紹介イヴェント

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年 1月17日(水)10時48分16秒
  “NEW ARRIVALS”Vol.48

    本日です!!
20:00~22:00
《予約不要、飲食代金のみでご参加いただけます》


ユニバーサルジャズとディスクユニオンの共同主催による、新譜紹介イヴェント。毎回話題の新作をていねいな解説付きでゆっくりとご試聴いただけます。お気に入りのアルバムをその場で購入することも出来ます。ジャズシーンの動向がいち早く知れる話題のイヴェントで、私も大いに参考にさせていただいてます。みなさま、ぜひお気軽にご参加ください。

*なお、試聴中はお静かにお聴きくださりますよう、お願いいたしておりますので、その旨ご配慮ください。

                 いーぐる
 

来会御礼

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年 1月14日(日)09時28分59秒
編集済
  昨日の「100年のジャズを聴く」(シンコーミュージック)刊行記念イヴェントにお越し下さった多くのお客様方に、この場を借りてあつく御礼もうしあげます。

刊行イヴェントも3回目なのでちょっと心配したお客様の入りも上々の大盛況、この本への関心の高さがネット上だけでないことを知らされました。

今回は「いーぐる」での開催なので、鼎談に登場した音源を聴くことを中心に3人で話を進めましたが、改めて音を聴くと、村井さん、柳楽さんの解説が極めて説得力に富んだものだったことが実感されました。

今回のイヴェントの模様は近日中に文字起こしされネット上にアップされる予定ですが、印象的だったのは、進化した現代ジャズの特異性と、にもかかわらずそれが過去のジャズとも緊密に繋がっているという、従来あまり語られなかった事実が音によって明らかになったことです。

とりわけ、最後に柳楽さんが紹介したロイ・ヘインズのドラミングが現代ドラマーに与えた影響の話など、なまじヘインズを知ったつもりの私のような団塊世代のジャズファンにとっては、まさに目からウロコでした。

このように、この本では私のような「ジャズを知っているつもり」の年配ジャズファンにこそ読んでいただきたい、新たな発見が随所で語られています。

ちなみにこの新刊イヴェントは今後も鼎談者各人が個別にゲストをお招きし、「いーぐる」にて開催されます。次回は2月24日(土曜日)にベテラン、ジャズ評論家、原田和典さんをお招きし、私、後藤が原田さんの忌憚のない読後感をお聞きします。

ニューヨークでの取材体験も豊富な原田さんの貴重なご意見と同時に、原田さんならではの「ジャズ観」もお尋ねするつもりです。

今回とはまた違った展開が予想されますので、ぜひこちらにもお越しください。また、村井さん、柳楽さんお二方も、それぞれゲストをお招きしての個別刊行イベントを開催する予定です。こちらは日程等決まり次第告知いたします。ご期待ください。





 

本日のイヴェント

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年 1月13日(土)09時36分54秒
  おかげさまで「100年のジャズを聴く」は好評で、発売僅か一ヵ月で重版が決まったのですが、興味深いのは、村井さんファンと思しき音楽全般に関心を持つ層や、若い柳楽さんファンと想像される方々からの感想は数多くネットに出ていますが、根っからの(ちょっと保守的な)ジャズ・ファンからの意見が今のところあまり目につかないことです。

もしかするとこの本が提示しているジャズ史観が斬新過ぎて今一つのみこめないのかなあ...などと想像していますが、今日のイヴェントではその辺りについてもお話しできたらと思っております。

率直に言ってこの問題はかなり大きなテーマで、鼎談ではその端緒とも言うべき話題に触れていますが、本来は根っからのジャズ・ファンにこそこの件について注目していただきたいと思っております。

また、私たちもこのジャズ史の読み直しこそが今ジャズ・ファン、そして音楽ファンに求められているのではないかと考えているのです。

ともあれ、本日土曜日午後3時30分からのイヴェント、ジャズの現況に関心のある方なら聞き逃せない内容です。

ぜひ、お越しください。


                        後藤雅洋








 

「100年のジャズを聴く」イヴェント

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年 1月12日(金)15時48分46秒
  「100年のジャズを聴く」はおかげさまで好評のようです。発売記念イヴェントは既に3回目ですが、毎回違った切り口からこの鼎談について3人で語り合うので、前回おいでの方々もぜひどうぞ。

毎回違う話が出来るほど、この鼎談は内容が多岐に渡っているのです。今回は音響設備が整った「いーぐる」で開催するので、鼎談中話題になった音源を幅広くご紹介しつつ、3人が鼎談では語りきれなかったことなどにも触れるつもりです。

                          後藤雅洋



 

1月13日、トークイベント!

 投稿者:村井康司  投稿日:2018年 1月11日(木)16時08分52秒
  みなさま、あけましておめでとうございます。
1月13日土曜の午後3時30分から、後藤雅洋・村井康司・柳樂光隆『100年のジャズを聴く』刊行記念トークイベントを開催します。出演はこの3人、ホームグラウンドの「いーぐる」で大音量で音をかけつつ語りまくります! ぜひご参加ください。本の販売もします!
 

ありがとうございました!

 投稿者:原田和典  投稿日:2018年 1月 7日(日)12時48分44秒
  1.6四谷いーぐる大会。お忙しい中、お越しいただきありがとうございました。皆様にラブ&リスペクトです。今年もよろしくお願いいたします!  

「いーぐる連続講演」今後の予定

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年 1月 7日(日)11時33分18秒
  「いーぐる連続講演」今後の予定を個人ブログにアップしました。

昨日行われた原田さんの講演の選曲リストは明日アップいたします。
新春らしく素晴らしい講演でした。


                       いーぐる 店主  後藤



 

Kodály Spicy Jazz from Hungary

 投稿者:Kati Csatlósメール  投稿日:2018年 1月 5日(金)20時54分37秒
  Hello,

First of all congratulations upon your club! It shows a lovely and vivid cultural scene which is above many standards.
Budapest’s have something to show you and I am eager to present it to you: Kodály Spicy Jazz!

Here is some information about it:

A few hundred years ago people used to express their feelings - joy, sorrow, love, break up - through
folk songs. If there would have been any toplists at that time the songs pursuing it would have been
about the same topics as today’s radio hits.: nostalgia, love, being happy, heartbreaks and letting go.
At the beginning of the 20th century Zoltán Kodály, the most influental agent of folk-music research
and documentation repopularized those songs. Now it’s time to make it possible for today’s youth to
reconnect with such heritage of popular music and performance pieces through trending and creative
21st century platforms like Youtube, Facebook, Spotify or Deezer.
Philosophy of Zoltán Kodály’s ouvre ?let the music be for all!” ? Kodály Spicy Jazz rebrainstormed it:

LET KODÁLY BE 21st CENTURY YOUTH’S ALL AROUND THE WORLD!

Please peek into our promo video: https://youtu.be/ldRqtn32_8Y
Euronews had an interview with us on our debut concert, check it out: http://www.euronews.com/2017/03/01/a-new-spin-on-the-music-of-zoltan-kodaly

Our dream would come true if we could visit you and present our show!

Hope you are interested in our show! Please let me know if you have any possibility to host us.

Kindest regards,
Kati

http://musicfashion.hu/bands/kodaly_spicy_jazz.433.html?bandid=433

 

1月6日開催! 「2018 このトランペッター&サックス奏者が熱い! 徹底鑑賞会」

 投稿者:原田和典  投稿日:2018年 1月 5日(金)10時04分51秒
  あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
明日1月6日(土曜日)の御都合はいかがですか? 15:30~ イキのいい演奏、注目のミュージシャンをたっぷり紹介します。楽しいですよ。ぜひどうぞ!
●いーぐる連続講演「2018 このトランペッター&サックス奏者が熱い! 徹底鑑賞会」
お越しくださいませ!
 

レンタル掲示板
/273