teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


上原ひろみ、新境地

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2017年 9月21日(木)08時29分28秒
編集済
  昨夜の新譜紹介、上原ひろみのライヴ盤が興味深かった。ジャズ・ハープ奏者、エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトで、ライヴでこれだけのパフォーマンスを示せる上原に改めて脱帽。そして、カスタネーダの超絶技巧にもビックリ。

そして注目作はブルーノート・オールスターズの「Our Point of View」だろう。ロバート・グラスパーはじめ、アンブローズ・アキムシーレ、マーカス・ストリックランド、ケンドリック・スコットら新鋭に、ショーター、ハンコックの大御所が絡む超豪華メンバー。まあ、これだけで買いでしょう。


ユニオンさんのセレクトも面白く、あまり知られていないオセアニア地域のミュージシャンを紹介した視点は斬新。パプア・ニューギニア出身で日本で活動するAaron Choulaiの「Vada Taudia」など、一聴をおすすめいたします。


次回新譜特集は10月25日(水曜日)です。
よろしくお願いいたします。


なお、店主は本日グレッチェン・パーラトを観に「ブルーノート東京」に向かいます。
これは楽しみ。みなさんもどうぞ!





                             いーぐる 店主




 
 

新譜ラインナップ

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2017年 9月19日(火)17時12分33秒
  新譜特集でご紹介するアルバムです。


<universal music>

上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ/ライヴ・イン・モントリオール
八代亜紀/夜のつづき
ブルーノート・オールスターズ/アワー・ポイント・オブ・ビュー
リズ・ライト/グレイス
バンダ・マグダ/ティガー



<diskunion>

SNOW OWL / Blue Road
AARON CHOULAI / Vada Taudia
TROY ROBERTS / Tales & Tones
VAMPIRES / Vampires meet Lionel Loueke
JEREMY ROSE / Within and Without






 

新譜特集

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2017年 9月19日(火)06時51分24秒
  “NEW ARRIVALS”Vol.44


9月20日(水曜日)

20:00~22:00

《予約不要、飲食代金のみでご参加いただけます》



ユニバーサルジャズとディスクユニオンの共同主催による、新譜紹介イヴェント。毎回話題の新作をていねいな解説付きでゆっくりとご試聴いただけます。お気に入りのアルバムをその場で購入することも出来ます。ジャズシーンの動向がいち早く知れる話題のイヴェントで、私も大いに参考にさせていただいてます。みなさま、ぜひお気軽にご参加ください。


*なお、試聴中はお静かにお聴きくださりますよう、お願いいたしておりますので、その旨ご配慮ください。


                 いーぐる






 

いよいよ明日です

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2017年 9月15日(金)18時52分0秒
  待望の村井康司さんの新刊書発刊記念イヴェントは明日です。

名著『ジャズの明日へ』以来多くのコアな音楽ファンから期待されていた新刊は、かなりのボリューム。まだ読んでいませんが、目次を見ただけで、「これはジャズファンはもちろん、音楽ファンは必読だな」と感じました。

そうした内容にふさわしく、イヴェントのゲストも幅広い音楽ファンの信頼を集める、高橋健太郎さんと原雅明さんです。

村井康司、高橋健太郎、原雅明の3人がそろい踏みするイヴェントだけに、これは必見ですね。
私も明日の進行が大いに楽しみです。

9月16日(土曜日)午後3時30分より。参加費800円+飲食代でどなたでもご参加できます。
予約の必要はありません。なお、当日は新刊の即売も致します。


 

(無題)

 投稿者:四国の山猿  投稿日:2017年 9月14日(木)03時10分38秒
  ありがとうございました。
私は、今の若者のように音楽配信やユーチュー〇などで済ませる合理的な人間でなく(コレクションにこだわるのは日本人とドイツ人しかいないらしいですが)、ア〇ゾンやたまに都会に出て、後藤さんの本を片手に、レコード漁りし、見つかったときに感動している親父ですので、1枚1枚集めて聴いていきたいのであります(LIVE@BLAAなんぞはなかなか見つかりませんが。)。多分、世界中探しても、これだけ多くのレコード(CD)の中から、確かな耳で選定できる人はそういないと思いますので、「採算度外視」は過大表現でしたが、まあ固いことおっしゃらず、出版社の人をうまく説得して(書くにも相当のエネルギーがいりますが、歴史的価値がありますので)検討よろしくお願いします。返答無用です。
 

『JAZZ VOCAL COLLECTION』再延長!!!

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2017年 9月14日(木)00時45分48秒
編集済
  小学館から刊行している私が監修する『JAZZ VOCAL COLLECTION』本年5月にシリーズ延長となりましたが、好評につき再延長14巻が決定しました。

ほんとうにありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。


四国の山猿さん

というわけで、今のところ多忙につき第3弾の予定はありませんが、来年5月に『JAZZ VOCAL COLLECTION』が無事終了しましたら、ヴォーカルに特化したアルバム紹介本を作る計画はありますので、ご期待ください。

余計なことかもしれませんが、出版社は「採算度外視」で本など絶対に作りません。実際に採算がとれているかどうかはさておき、利益が見込めると思えるものしか企画会議を通らないのです。
 

(無題)

 投稿者:四国の山猿  投稿日:2017年 9月13日(水)04時38分29秒
  すみません。久しぶりに投稿します。
採算度外視で、「一生モノのジャズ名盤500」「厳選500ジャズ喫茶の名盤」の第3弾をお願いします。そこには、せっせとジャズ喫茶に通う人しか知らない濃厚なエキスがあるように思うのですが。
 

クラシック講座選曲リスト

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2017年 9月12日(火)10時41分50秒
編集済
  先週行われた、林田さんによるクラシック講座の選曲リストを個人ブログにアップいたしました。

ご一読ください。






 

知らない分野は宝の山

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2017年 9月10日(日)09時07分4秒
  私にとってクラシックは知らない分野ですが、適切なナヴィゲーターに従って進むとほんとうに宝の山だということを実感します。

昨日の林田さんの講演がまさにそれで、例えば、コルンゴルトの交響曲嬰ヘ長調なんてまったく未知の音楽の不思議な魅力に出会えるのです。

この講演は今後も続きますので、クラシックに興味を持ちつつどこから手を付けたらいいのか迷っているジャズファンのみなさま、ぜひ次回ご参加ください。

当日の詳しい報告は近日中に個人ブログにアップいたします。







 

今週末の「いーぐる連続講演」はクラシックです

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2017年 9月 6日(水)09時39分41秒
編集済
  ●第621回 9月9日(土曜日) 午後3時30分より 参加費1000円+飲食代



『大いなる旅、新しい天地~移住者たちの音楽』~「横断的クラシック講座」第9回



                                     解説 林田直樹




 

レンタル掲示板
/269