teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


山小屋に意見

 投稿者:チャイ  投稿日:2008年11月10日(月)11時59分1秒
  農鳥小屋は昔ながらの小屋。現在の近代的山小屋のあり方に疑問をもつ私にはとても居心地がよかった。様々な問題(食事、トイレ、明かり)はあると思うが、自分が何をするために山に登っているのかをシンプルに考えていただきたい。目的は山に登ることのはず。夜遅くまでお酒を飲みたければ下界の居酒屋で飲めばよいし、美味しい食事が食べたければ下界のレストランで食べればよい、きれいなトイレに入りたければ家のトイレに入れば良いと思う。危険な山では早く起き、早く行動し、早く下山する。当然の行動である。
一体、山になにを求めるのか?答えはシンプルなはずだ。
 
 

濃鳥小屋

 投稿者:あつのうメール  投稿日:2008年10月17日(金)09時24分20秒
  先日の連休を利用して「白根三山」を縦走時、濃鳥小屋へ宿泊。水は無料、インスタントだがコーヒーどうぞ、と最初は好印象でした。がっ・・、夕食時、食堂で「この組は食べるの遅いなぁ!」「後の人がいるから早く食え!」と恫喝。朝夕とも食事内容まったく手抜きのおそまつ。トイレは垂れ流しで環境破壊。ランプの提供は朝のみ、夜は無し(食後は寝るだけ)。眺望が素晴らしい縦走も最後の宿泊がこれでは台無しです。二度と濃鳥小屋には泊まりません!!  

農鳥小屋の親父sann

 投稿者:ヤマキチメール  投稿日:2008年 7月14日(月)12時59分53秒
  2008/7/6(日)13:00農鳥小屋到着・親父さんへ落雷回避の為素泊りを申し込んだが快くOK、お互い登山の基本的な心得など話しながら、最近の登山者はマナ-違反が多いとこぼしていた。今日のコ-スと所要時間、明日のコ-スと出立予定で5:00出発予定を告げるとすこしでも早く出発し余裕を持った行動をするように諭してくれたり、途中危険箇所などの通過方法など教えてくれた優しいおじさんだった(風体等から衛生面に疑問は感ずるけど・・・)栃木の単独登山者の行方不明を心配されていたが、後日大門沢河川敷へ滑落され亡くなっていた。私たちは知らずにガレた沢の上部をトラバ-スしたのかも知れない!
単独登山はいけない!疲れのたまる14:00~15:00頃の危険箇通過は避けたいものです。
そして自分の現在位地は常に把握し、道迷いを防止し、安全登山につなげたいものです。
 

農鳥小屋親父さんへの意見

 投稿者:しろだぬき  投稿日:2007年11月27日(火)15時17分0秒
  07.8.14に縦走の途中で農鳥小屋を通過した際、親父さんの対応に腹にすえかねるものがあり、楽しい話でなくて申し訳ありませんが少々書かせていただきます。縦走で小屋の脇の登山道を通るはずが間違えて小屋と付属建物の間の通路に入りこんでしまい足早に通りすぎようとしたら親父さんに『何か御用ですか?』と聞かれましたので『いえ、通るだけです』と答えたところ『覗きにくるだけなら来ないで下さい』と言われました。ついカッとなって『その物言いはなんだ』と怒鳴ったら『そこに標識があるでしょ』と言ったので『見えなかったんだよ』と怒鳴って通り過ぎました。そのあと水場に行こうとしてサイト場で仕事をしていたおじさんに場所を聞いたら、例の私と揉めた人で(帽子を被っていたのでわからなかった)『あなたは何を言うかわからんから教えてあげない』言ってきましたので『くたびれていれば見落とすことだってあるでしょう?』といったら何かぶつぶつ言いながら向こうの方に歩いていきました。自分の小屋の前を用も無いのに歩かれた挙句怒鳴りつけられて頭にきたのだとは思いますが、じろじろ小屋を覗き見することなく通り過ぎようとしただけなのにこれは無礼ではないでしょうか?疲れていて標識がわかりにくければ間違えることは容易に想像がつくと思いますし、そこへ悪意がこもっているようなことを言われれば腹が立ちます。もう少しその辺考えてもらえないだろうかと思いました。  

渡辺様

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年 5月29日(月)09時08分57秒
  書き込みどうもありがとうございます。
また、ビラ雨畑へお泊まりいただき、気に入っていただけましたこと大変嬉しく思います。
ご提案いただきましたこと、さっそくビラ雨畑の管理人の方へお知らせしておきます。

お泊まりいただいた時には、お隣にある硯の資料館、硯匠庵で「第2回 望月苔雲幽玄書道展」が開催されていたかと思います。硯匠庵の企画ともタイアップできるといいかもしれませんね。

ぜひまたいらして下さい。お待ち申し上げております。
 

お礼と提案

 投稿者:渡辺メール  投稿日:2006年 5月28日(日)08時07分44秒
  連休まえ、ヴィラ雨旗の存在を初めて知り、たっぷり温泉をあじわわせてもらった。感心したのは、最近建てたとおぼしい別棟の湯屋デザイン。それに庭の夜間照明デザインの秀逸さでした。素晴らしいです、アレ。惜しいのは、同施設がガラン!空いていた点。シーズン前、だからかもしれません。しかし、あれではモッタイナイ。町から事業委託を受けている3セクだか事業責任者の方はひとつ、客室稼働率を上げるべく、例えば全国の高校大学サークル連合らに勧誘企画を送る、催事を練るなど、情報発信すると良い気がします。硯の里だから、お習字や和歌のお稽古教室に精を出す向きに、硯/書画/倭の文化にかこつけるような企画を打つのもいいのでは.  

いまのままでは・・・

 投稿者:ちばたぬきメール  投稿日:2005年 9月22日(木)00時24分18秒
  ◆農鳥小屋は
今のままでは許せません。山は不自由さが当たり前。みんなそう思って登山を楽しんでいる。不自由でありながらその中で何がサービスなのか考えると答えがあります。
ふれあい、ガイド、知識などかな・・・ 食事はできる範囲でかまわないから納得できるような内容。今回は北岳の肩の小屋の食事なんか良かったと思います。これは私的と思われても譲れません。混んでいたので寝床は狭かった。
農鳥小屋は今の小屋の主人と職員がやめ、早川町のHPや南アルプスのHPなどで謝罪文を写真などを載せるなど、事態が変わらなければ。

◆評判
あと、参考にリンクを入れておきますが他の人がどう思っているのかがわかります。
雑誌では絶対に小屋の中身については一言も触れられません。特に悪い事と思われるようなことについては。批評されなければ競争がないのと同じ。
農鳥小屋のことについては大門沢小屋の奥さんに話を聞いてください。

◆鳳凰小屋
先月1/8~8/2で青木鉱泉→ドンドコ沢→鳳凰小屋泊→鳳凰三山→中道→青木鉱泉
に行きました。鳳凰小屋の設備や食事は最高です。ただ、御座石温泉に行くように無理やりでも話を信じさせようとすることだけは許せませんが。ご主人はいい人だなとは思いましたよ。登山初心者に「ドンドコ沢は危険」と思わせることはやめさせてください。
うわさではもう10年以上前からだそうですよ。このことは・・・

◆奈良田には
残念ですがあまり気が進みません。当分、足が向かないかな。
次は北アの西穂高、奥穂高なんて思っています。

◆遭難や事故
今回、南アの警察の事故のニュースをみてびっくりしました。8/8「北岳で遺体発見」
実は私もそうなのですが気軽に来てハイク気分で軽い気持ちで登山してました。
が、北岳の頂上付近、八本歯コル、西農鳥岳、農鳥岳の岩場は緊張してました。
ここで滑落したらいっかんの終わり。まさに死。慎重に慎重にと思いながらガレ場をやり過ごしました。家族で子供2人づれ。そんなグループを何組か見かけました。
夏場とはいえ。大丈夫かな?
北岳の頂上から北岳の山荘へ下り方面へは鎖やロープもなく、ガレており絶壁の場所が数箇所あり、怖かったです。

http://yasai.2ch.net/out/kako/956/956039400.html

 

ちばたぬき様

 投稿者:管理人メール  投稿日:2005年 9月21日(水)14時00分19秒
  白根三山登山、お疲れさまでした。

農鳥小屋の対応のご指摘、どうもありがとうございます。
この山域には、「南アルプス北部山小屋管理者協議会」という組織があります。早川町役場の観光担当者から協議会事務局にご指摘の件を連絡して、利用客へのサービス向上と接遇の改善を山小屋の管理者に通知するように致します。

今回のことはお許しいただき、ぜひ、もう一度奈良田、そして早川町にご来訪いただければ幸いに存じます。
 

白峰三山の登山しました。

 投稿者:ちばたぬきメール  投稿日:2005年 9月21日(水)00時13分43秒
  9/17~9/19の3連休を利用して、奈良田に車で向かい。朝一番のバスで大河原より北岳を目指しました。天気にも恵まれそれはすばらしい景色で白峰三山の3000m級の山々を満喫できました。最終日には奈良田の温泉にも行きました。
温泉は気持ちよかったです。ただ、今回は2泊目に泊まった小屋が大変、気分を害する結果になり残念でした。
私は奈良田はすばらしい観光資源がありいいところだと思います。
以下の話を除けば・・・
--------------------------------------------------------------------------------
それは農鳥小屋です。宿泊日は午後2:00につき小屋の主人に受付を済ませましたが。その際は普通の人と思っていたのですが後には全然違うことがわかりました。受付の際には水は自由に汲んでもよろしいといっておりました。
食事の時間の説明は16:30から順番に声をかけますからと・・・
ところが時間が送れ15分過ぎても呼ばれない。呼ばれたので返事を3回もしたのに何回も呼ぶ、そのうち怒り出し、「呼ばれたら返事をしろ」といわれた。頭にきて言い返した。「聞こえないのですか?」つかさず「誰だ、今聞こえないのは」・・・」
このようなことが客に対する態度なのかと思えないほど悪態ぶり。
宿泊代は休みの日なので1000円多くとられた。ガイドには書いていない。
都合8000円、夕食は半生のご飯と味噌汁、佃煮(山菜)やまもり、梅干、これでこの金額は高い! しかも、ものすごくまずい。塩気が無い。
他の客にも聞いてみたがまずい、高いのオンパレード。
食事している客が多く、そろそろ夕昏まじかになると「早く出ろ。さっさと食っちまえ」
といっているのが聞こえた。しかも女性客に対して・・
私は弁当と朝食も頼んでいたがキャンセルを申し出た。が断られた。金も返さないといわれた。なら金も弁当と朝食はいらないとこちらから断った。ぶつぶついいながら金は何とか返金してもらえたが、捨てセリフでいやみをいわれた。それだけではなく小屋の相方に私が返金の理由に朝立ちが早いからと言ったことを逆手にとって「あいつが朝早く出発しなかったら殴ってもいいぞ!!」など聞こえるように話す。
そして翌朝、朝4:30、水を汲むために小屋の水タンクに行き蛇口を見たらタオルで隠されていた。すかさず小屋の主人が「昨日言ったはず、夕方まで汲んでおけと」に言われたが喧嘩をしても仕方がないので口をつぐんでいた。私は昨日、2リットルの水を入れて入れておきそのうち1リットルの水を朝食に使ってしまった。危うく水なし状態で出発しなければならなかった。
このことを他の人にも話して見たがやはり受付の際には水は自由に使ってといっていたはず。と言う。朝食後、他の客にこのことを小屋の主人が「「昨日言ったはず、夕方まで汲んでおけと」言ったかどうか尋ね、それが元で口論になり喧嘩になってしまった様子。
-----------------------------------------------------------------------------
◆雷鳥を見た
 という客が数人いました。しかも小屋の近くで・・・
 それはうれしいことだと思いますが農鳥小屋はトイレが垂れ流しです。
 すぐにでも直さなければ自然破壊になります。

◆奈良田には・・・
 今回の小屋のことからして私は二度と行きません。
 大沢小屋の奥さんにも話を聞いてみると農鳥小屋の客と主人の喧嘩はほぼ毎日のようだと言っておりました。あるときの女性客はあまりの悔しさから泣いていたそうです。
奈良田に下山中に他の登山客に聞いてみるとどうやら農鳥小屋の悪態ぶりは有名だそうです。
 

岸本さんの息子様

 投稿者:管理人メール  投稿日:2005年 6月 9日(木)15時05分40秒
  書き込みどうもありがとうございます!

先生に伝えて下さい:
ロースハムは、町内でしたら南アルプスプラザや奈良田の里などの町営施設で販売しております。また、インターネットで通信販売もしておりますので、ぜひご利用下さい。
 

レンタル掲示板
/5