teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


新譜特集は明日です!

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年12月17日(月)17時23分8秒
  “NEW ARRIVALS”Vol.59


12月18日(火曜日)

20:00~22:00

《予約不要、飲食代金のみでご参加いただけます》


*今年最後の新譜紹介は ユニバーサル加藤さん、ユニオン羽根さんそれぞれの2018年ベスト盤1枚と新譜の紹介です。業界専門家であるお二方が果たして何をベストとするか、今から興味津々です。


ユニバーサルジャズとディスクユニオンの共同主催による、新譜紹介イヴェント。毎回話題の新作をていねいな解説付きでゆっくりとご試聴いただけます。お気に入りのアルバムをその場で購入することも出来ます。ジャズシーンの動向がいち早く知れる話題のイヴェントで、私も大いに参考にさせていただいてます。みなさま、ぜひお気軽にご参加ください。


*なお、試聴中はお静かにお聴きくださりますよう、お願いいたしておりますので、その旨ご配慮ください。



                 いーぐる





 
 

年末年始の営業

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年12月13日(木)08時50分23秒
編集済
  【年末年始の営業ご案内】

年末は

12月29日(土)まで、通常営業


12月30日
   31日
1月  1日
    2日
    3日

上記の5日間は休業させていただきます。


新年は


1月4日(金)より、通常営業



           いーぐる





 

ミンガス・イヴェントについて

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年12月10日(月)06時18分43秒
  『いーぐる連続講演』は予約なしで参加できます。

ミンガス・イヴェントは午後3時30分スタートですが、途中参加でもけっこうです。


                           いーぐる店主




 

12/7の講演会の件

 投稿者:mamalouメール  投稿日:2018年12月 9日(日)16時34分48秒
  昔、よく通わせてもらった者です。最後に来店したのは10年程前になりますので、システムが変更されているかもと思い、確認させてください。12月15日の土曜日の公演会ですが、前もって予約が必要でしょうか?当日お伺いして入れない場合は残念ですので、確認をさせてください。よろしくお願いいたします。どこかに記載されていた場合は、お手数をお掛けして申し訳ございません。  

ミンガス・イヴェントは来週末です

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年12月 8日(土)06時46分42秒
  ●第651回『いーぐる連続講演』

 12月15日(土曜日)午後3時30分より

 参加費1500円+飲食代

『チャールズ・ミンガス/ジャズ・イン・デトロイト/ストラタ・コンサート・ギャラリー/
46/セルダン』試聴会&トークショー


ジャズ界の伝説的なベーシスト、チャールズ・ミンガスが、1973年、デトロイトのストラタ・コンサート・ギャラリーに残した、未発表のライヴ音源が奇跡的に発掘され、イギリスのレコード会社、BBEから11月に発売。このジャズ・レジェンドの、幻のライヴの正規発売を記念に、いーぐるで4時間に及ぶ驚異的な生録音の一部を試聴しながら、元ジャズ批評の編集長で、数々のジャズの名作の再発と書籍を監修されている著名な音楽ライター、原田和典、さらに1970年代から世界的な活動を続け、ミンガス・トリビュート作もリリースしているベース奏者・藤原清登、両氏を迎え、チャールズ・ミンガスと本作の魅力について語って頂きます。


CDの即売あり !


司会進行:原田和典(音楽ジャーナリスト/元ジャズ批評編集長)
藤原清登(ベーシスト)






 

根なし草

 投稿者:キモオタ  投稿日:2018年12月 7日(金)21時24分37秒
  ソフィアの学生として後藤さんのお店にお客さんとして通っていた村井さんに店主からのエ一ル交換。





下手な自尊心ばかり肥大な無愛想な巷に溢れるブスっとした女性たちより、よっぽど清涼感を覚えるエピソ一ドだな、




是非、後藤さん100歳迄長生きして下さいね、



遠い昔の日本人の良き志をい一ぐる店主の精神の在り方に救いを求めるのは己の幸か不幸か。



JAZZが虚しく巷に響いてなければよいのだけれど。
 

新連載スタート!

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年12月 1日(土)12時37分56秒
  「JAZZ絶対名曲コレクション」現在発売中のVol.4「映画音楽をジャズで聴く」から村井康司さんによる魅力的な新連載が始まりました。

タイトルは「ジャズ日本史」。第1回は、筒井康隆から谷崎潤一郎まで登場するスケールの大きさです。

この記事を読むだけでもご購入の価値ありです。


                           監修者 後藤雅洋




 

そうですか、

 投稿者:キモオタ  投稿日:2018年11月29日(木)00時20分21秒
  お返事どうも有難うございます。

一人でもホットできる場所ですか、


そこで流れている音楽が一聴してなかなかすぐ理解出来ないJAZZであるというのが逆にこの音楽の奥深さを照らし出している。


但しお客としてお店に伺った時には願わくば、そこに来店されている女性客は有村可純さんの様に魅力的であってほしい、



こりゃ、なかなかお店には伺えませんわな。





 

新譜特集、本日です!

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年11月27日(火)09時47分16秒
  “NEW ARRIVALS”Vol.58

   11月27日(火曜日)

20:00~22:00

《予約不要、飲食代金のみでご参加いただけます》


*今回ユニバーサルさんは、挟間美帆、グレゴリー・ポーター、シャイ・マエトロなど話題のミュージシャンの新譜を、そしてユニオンさんはマイナーながら注目の若手、新人のニュー・アルバムをご紹介する予定です。


ユニバーサルジャズとディスクユニオンの共同主催による、新譜紹介イヴェント。毎回話題の新作をていねいな解説付きでゆっくりとご試聴いただけます。お気に入りのアルバムをその場で購入することも出来ます。ジャズシーンの動向がいち早く知れる話題のイヴェントで、私も大いに参考にさせていただいてます。みなさま、ぜひお気軽にご参加ください。


*なお、試聴中はお静かにお聴きくださりますよう、お願いいたしておりますので、その旨ご配慮ください。





                 いーぐる






 

はにわオールスターズ

 投稿者:後藤雅洋  投稿日:2018年11月26日(月)07時57分35秒
  おおしまさま

もうそんなになるのですね。あらためてはにわを聴き直してみますね。


山中さん

素敵な講演、ありがとうございました。トロンボーン・ジャズの今日性が具体的にわかるとても良いお話でした。特に、トロンボーン奏者とヴォーカルの親和性や、アレンジ重視の傾向の必然性など、納得ですね。


キモオタさん

来店される女性のお客様と特にお話しすることはありませんが、みなさん音楽がお好きだということはよくわかります。とりわけジャズは一人で音楽に没入するタイプの音楽ジャンルなので、一人でも居心地が良いジャズ喫茶が見直された結果の女性客増加ではないかと想像しております。


 

レンタル掲示板
/282